2011年03月22日

デマを拡散しないために気を付けてること

twitterの転載になりますが,自分がデマを回さないために気を付けていることをまとめておきます.

見た限りだけど,とりあえず自分がデマ等を特に警戒する語句を上げてみようと思う(あくまで「これが書いてあったら特に慎重になる」ってもの).

「国民の知らない〜」「政府が隠す〜」「〜の真実」「〜の陰謀」と言った刺激的な文句,ひたすらに感情的な文言,良い方にも悪い方にも万能を謳う(何でも○○が効く/○○で万事解決/何でも○○のせい)……この辺に引っかかると,かなり怪しいと踏んで対応する

また,“【拡散希望】”的な語句に(これだけでもアレだけど),さらに感情的な文言が組み合わさっても,眉唾物として対応してる.

あと,(一次ソース以外で)ソースが不明のもの,または検索しても掲示板や当人のツイートしか引っかからないもの.または掲示板等からコピペされた1つのソースしか見つからないもの.この辺はその時点でデマとみなしてる.

「あいつならやりかねない」「あいつなら言いかねない」は禁物.デマの温床になる.
※なお,これは「言ってもいないこと」のデマ(最近では辻元補佐官関連.例:日本の辻本補佐官、米軍の救援活動に抗議というデマ)の判断材料です.発言者の正当性等についてではありません.

疑心暗鬼になれというわけじゃなくて,モノを批判的複眼的に見ようということかな.

まとめると,刺激的な文句,感情的な文言,怒りなどの強い衝動を掻き立てる文章は,まず落ち着くこと.そして,検索などを上手く利用すること.批判的に,複眼的に.1分でも情報を精査できれば,自分がデマの中継基地になることも減ると思う.

深呼吸 安易なRT する前に


【追記 03/22 15:48】
他,TLで見かけたことについていくつか.

「マジで?」とか「それ本当?」と付けた非公式RT, QTがそのまま伝言ゲームで既成事実化することがあるので,出来る限りそういう非公式RTをする前にキーワードで検索することをお勧めします.(他にも,非公式RTだと,元発言者が誤りに気づいて削除しても,その誤情報が残るという問題もあります.デマではないと思っても,出来る限り公式RTを用いるか,URLを張り付けるかしてコメントした方がいいかもしれないです)
検索して「デマ」や「不明」などの言葉が見つかったり,自分の受けた情報と「全く同じ文面しか見つからない」となると,眉に唾をつけて見るべき情報と見なしていいでしょう.この辺は,情報に誤字が含まれてたり役職のミスがあったりすると目安になります.その箇所すら同じならば,情報の元が同じという可能性が高いです.

まぁ,とにかく…….「マジで?」とか「ホント?」って書く時間があったら,1分でいいから検索してみるとかした方がいい.そこでデマの指摘を見つけたり,ソースが掲示板のレスだけとかなら,だいたいは怪しい情報なわけで.デマの中継基地にならないためにも
タグ:デマ
posted by 久間知毅 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191909538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。