2010年07月14日

保坂さん落選に関して

 この7月11日に参院選がありました。私はtwitter等ではすでに公言していましたが、比例代表では保坂展人さんに票を投じさせていただきました。

 しかしながら落選。応援していたひとりとして、非常に残念に思います。(なお、選挙区では、もとむらさん(共産)に投票しましたが、こちらも落選してしまいました)

 その後、保坂さんはご自身のブログにて、

参院選敗北を受け止めて - 保坂展人のどこどこ日記

という記事をアップされ、参院選の総括を書かれましたが、一昨日アップされた時点で、非常にまずいことが書かれていました。

 それは、後半部の、「きっこのブログ」からの引用(ニポンの選挙は茶番劇)で、


「ムードに流されやすい東京都民の民度の低さが全面に出た選挙だった」

「ここ東京は、あんな独裁者を都知事に3選もさせちゃうような大バカだらけの都市」


……のような、有権者を愚弄する文章も含めて引用されていたことです。

(なお、以下はこれまでのきっこ氏の行ってきた数々の暴言、差別的言動や違法行為の自慢等は考えずに、あの記事の当該文章のみを考えますので、きっこ氏自身の問題は脇においておきます)

 たとえ引用であったとしても、そこを引用してしまうということは、その部分を読んで、引用するに足ると保坂さんが判断したということ。つまり、保坂さんがきっこ氏に代弁させて、有権者を馬鹿にしているということになってしまいます。さらに、自身の支持者の代表があの記事のような認識だろうと思っているということにもなり、保坂さんに投票した人で「馬鹿にされてる」と感じた人も出てきます(というか、確認しています)。

 対立軸を作り、煽って、反対者をその向こう側に追いやり、それを馬鹿にする行為は、少なくとも表立ってやっていいことではありません。まして政治家がそれをやるのは自殺行為です。さらに、保坂さんは支持基盤が脆弱で、組織票を確保しているわけですらありません。その能力と声にならないSOSをくみ上げようとしている姿勢、票にならないとみなされて省みられないような声も真摯に聞く態度、そして実績により支持されているわけで、能力や姿勢を疑われる行為は、そこら中に転がってるような政治家よりダメージが大きいわけです。
(厳しいことを言うと、有権者を公然と馬鹿にする人が選挙で通るわけがなく、その意味では「負けるべくして負けたのか」と失望したというのはありましたが……)

 私はとっさに「これはまずい!」と思ったので、即刻保坂さんに訂正を促すためのメールを送りました(twitterでフォローしてくださっていた方は、当時の私の焦り方を見ていたかもしれませんが)。

 それから1日後の昨日、保坂さんのブログの、前述した有権者を馬鹿にした箇所は削除されました。きっこ氏のブログの引用はまだ残ってはいるものの(本音を言うと引用箇所をそのものを削除してほしかったですが、それは違う話になってくるから避ける)、致命的な箇所の訂正をすばやく行ってくださったことに感謝いたします
 たしかに、まずい点や間違いなどがあれば、訂正するのが「当たり前」です。しかし、その「当たり前」がなされることは、実際には稀です。その意味で、保坂さんはそういったことがきちんとできること(あくまで最低限ですが)を示せたのだと思います。

 今回の件で、非常に動揺したのは確かですが、今後とも保坂さんならびに社民党を応援していきたいと思います(外交・防衛では小言言うかもしれませんが)。

(あと、できれば削除の旨を冒頭などに記載した方がいいと思います)



※ 一部で「感謝の言葉がない」等と保坂さんのブログについて言っている方も見受けられましたが、公職選挙法第178条により「選挙期日後のあいさつ行為」が制限されていますので、「そう思っていてもできない」ことをこの場を借りて指摘させていただきます。

【追記7/14 7:11】文中の一部を太字強調に。

(実のところ、裁判員制度のときの保坂さんの件は伝え聞いてはいたものの、それでもなお支持していた身としてはショックだったのは確かだったりしますが)
posted by 久間知毅 at 03:10| Comment(7) | TrackBack(1) | 政治運動一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

運営方針について

mukkeさんより[独り言]それは,誰に向けた言葉なのかというエントリに対しての応答を兼ねて。

このブログを開設した最初の理由は、人権擁護法案や国籍法改正案についての資料提供の要請が何件も来ていたことです。すでに過去のエントリで、今の状況と同一であるわけもなく(まして今の自分と同一の考えである保証もなく)、そういうエントリに対して新規のコメントをつけられたとしても、こちらとしてもどうしようもないということがあります。できることなら当時のコメントを再現するのがいいのでしょうが(ログは全て保管しています)、それはコメントをつけた方々全員の許可を取り付ける必要が(義務としてなくても)必要になりますし、それは現実的ではありません。
なので、タグとして「過去エントリ」と付いているものは原則としてコメント、トラバを受け付けないことにしています。

しかし、過去エントリタグが付いていない、つまりこのブログを始めてから書いた新規エントリにつきましては、承認制を取ろうと思います。
(なお、該当するエントリ1件はすでに承認制にしました)

以上を今後の運営方針としたいと思います。よろしくお願いします。
タグ:お知らせ
posted by 久間知毅 at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。